スノボを目的として旅行をする際に選ぶ宿泊施設にはいくつかポイントがあります。

というのも、スノボを楽しむことが目的で宿泊することが主目的ではないという理由で安直に選ぶと不便を敷いられる可能性があるためです。

そのため、あらかじめリサーチしておく必要があります。まず第一に重視すべきは交通の便です。

施設までの道程を新幹線なのかバスなのか、レンタカー、自家用車を使用するのか選択肢は多くありますが、なるべくならば移動に手間と時間を掛けるべきではないので慎重に選ぶ必要があります。

施設の中には送迎バスを用意しているところもあるので、そうしたサービスを利用するのも便利です。また、自分で運転する場合は事前にタイヤを交換する必要があったり、慣れない雪道に手間取る等、負担が大きいといえます。

次に、設備です。スノボを楽しんだ後は雪でウェア等が濡れてしまい、次に使用する際に乾いていなければ冷たくなり、風邪をひいてしまう可能性もあります。そのため、乾燥室を設けている施設を選択したほうがいいでしょう。

中には施設に設備がなくてもゲレンデに更衣室や乾燥室が設置されている場合もあるので、一概に必須というわけではありません。最後に立地です。中にはゲレンデと隣接している、あるいはゲレンデの中に立地する宿泊施設もあります。

玄関を出てすぐにスノボを装着し、楽しむことができるので人気は高いです。仮にゲレンデから距離があったとしても、送迎バスが出ている場合もありますので不便を感じない場合もありますが、できることならば近いほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です